fx 比較







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

光速の貴公子【サイレンススズカ】永遠なれ

11/1はサイレンススズカの命日。

1998年の天皇賞・秋。
あの日の4コーナーは決して忘れない。

前哨戦の毎日王冠で、後の凱旋門賞2着馬となるエルコンドルパサーと、グランプリ3連覇を果たしたグラスワンダーを寄せ付けず、完勝。
「1番人気は勝てない!」というジンクスもこの年までと誰もが思ったことだろう。

毎日王冠当日。私はゴール板付近にいた。
少しでも近くでスズカが見たかったからだ。
同じ思いのファンで埋め尽くされたスタンド。
スズカは馬場に入場すると、武豊騎手のいうことをきかず、スタンドに向かって歩いてきた。
ラチ付近まで来ると静止。
鞍上の武豊が手綱を引いても動かない。
その姿にスタンドからどよめきと歓声が上がった。
すると大きく頭を下げ、「んじゃ、行ってくるよ!」といった感じでスタート地点へ走っていった。

今になって思うと、あれはスズカだけが知っていた「お別れ」だったのかもしれない。

天皇賞・秋。
1番人気が勝てないジンクスが実に11年も続いていた。
もしも、このレースでスズカが勝つと、11年前のG1天皇賞・秋を1番人気1枠1番で全てのコーナーを1番に通過し逃げ切った、ニッポーテイオー以来の1番人気勝利だった。

スズカは5/1生まれで、デビュー戦が翌々年の2/1。
11頭立ての1枠1番1番人気。全てのコーナーを1番に通過し勝利。
2着に着けた着差は1.1秒。
天皇賞当時、スズカは1枠1番。締め切りギリギリまで1.1倍の1番人気。
ここまで6戦連続1番人気で1着。もちろん全てのコーナーを1番に通過している。
そして、運命の日となった天皇賞・秋は、11/1。
あまりにも1という数字に取り付かれたスズカは、魔の4コーナーで天皇賞・秋のジンクスと魔物に飲み込まれた・・・。

常に誰も届かない位置で競馬をしたスズカは、本当に誰も届かない所へ行ってしまったのだ。

彼の産駒の活躍が見たかったと素直に思うが、産駒が期待ほど活躍せず、種牡馬としてのスズカの印象が薄れるにつれ、彼自身の事を忘れていってしまうよりは、この悲しい最後によって、その記憶が永遠となることの方が良かったかもしれない。
そう思い、心を落ち着かせる以外に私には方法がない。

光速の貴公子【サイレンススズカ】永遠なれ
合掌



★オススメ競馬サイト★
【競馬応援サイト・ファーム】


ユーザーのスタイルにあった情報を提供する投資競馬サイトです。
お客様満足度87%!
まずは、無料登録で是非、お試し下さい↓
登録はこちらからどうぞ


重賞の◎○▲はこちらから(携帯版)(^^)
今週の激走馬☆無料提供



【当ブログ発行メルマガ】
レースを絞らず全12レースを完全網羅!
年間的中率50%以上、最高配当97万馬券的中を達成!
3連単はもちろん、WIN5にも完全対応!
血統、統計、スピード指数に裏付けされた理論予想を是非、ご覧下さい(^^)


★まぐまぐ無料メルマガ【K理論競馬予想】
PC版は ⇒ こちらから
携帯版は ⇒ こちらから




スポンサーサイト
[ 2015/11/01 00:00 ] コラム | TB(0) | CM(0)

夏は一貫して函館を狙う

先週で夏競馬の前半が終了しました。
K理論では、かねてから「夏は北海道をメインに!」を合言葉にしてきています。
ここで、その理由をおさらいすると共に、後半戦の傾向を占ってみたいと思います。


【理由】
①北海道は梅雨が短く、天候が安定している
 夏競馬の前半は、関西~関東は梅雨で、天候が不安定です。また、後半に入っても台風シーズンに突入するなど、全般的に天候に左右される傾向があります。
 対して北海道は、梅雨が短く、天候が安定しているため、理論に不確定要素が含まれません。

②函館、札幌(今年は改修の為中止)共に洋芝である
 力のいる洋芝を得意としている馬は、野芝のスピード勝負を得意としている馬よりも成績にブレが少なく、理論のコース実績が直結しやすい傾向にあります。
 その為、阪神、中京、東京で結果を出している馬は、ここでも好走する確率が高くなります。

③コース傾向がハッキリしている
 「展開いらず」とされる東京芝1800mや、枠による有利不利の少ない芝1600mのように騎手や各馬の性能、仕上がり、枠順が大きなポイントとなるコースではなく、函館、札幌の両コースは、枠による「横」の有利不利、展開による「縦」の有利不利がコース毎にハッキリしており、こちらも理論に当て嵌まりやすい傾向にあります。

・芝では、2600m以外の全てのコースで逃げ馬が不利な傾向。
・ダートでは、2400m以外の全てのコースで前が有利な傾向。


要するに、天候、傾向共に安定しているという事ですね(^^)
それでいてバリバリに堅い決着ばかりかと言えばそうでもありません。
上記の傾向は分かっていても他の馬に印を打ってしまう記者の皆さんが、理論予想の私に大きく力を貸してくれています。


【後半の傾向】
今年は、札幌が改修工事の為使用できませんので、函館のみとなります。
後半は、内側が荒れてきて不利となり、いかに馬場の良い外側を通るか?が鍵になります。

先行馬は、馬場の良い中~外を回ると距離を余計に走る事になりますので、出走対象レースよりも長い距離での実績が必要になります。
差し馬は、最後の直線で馬場の良い所から抜け出す為には、コーナーから自分で動ける自在性と速い上がりが必要になります。
追込み馬は、これまで、圧倒的に不利でしたが、展開次第では馬券になる可能性が出てきます。
頭にするのは難しいですが、2、3着で穴を開けるシーンも見られるようになります。

馬券的には、3連複流しが面白そうです。
前残りを警戒するよりも、小回りで不利に見える後方勢の強襲が3着に届く事による好配当が狙えそう。
その分、3連単の難しさは増すので、大きな勝負はちょっとし辛いかも。

こんなところです(^^)
では、後半戦も頑張っていきましょう!(^O^)/


★★★今週の重賞予想はこちらから

★★★今週の激走馬情報はこちらから



【当ブログ発行メルマガ】
レースを絞らず全12レースを完全網羅!(現在は、不定期発行中)
年間的中率50%以上、最高配当97万馬券的中を達成!
3連単はもちろん、WIN5にも完全対応!
血統、統計、スピード指数に裏付けされた理論予想を是非、ご覧下さい(^^)


★まぐまぐ無料メルマガ【K理論競馬予想】
PC版は ⇒ こちらから   携帯版は ⇒ こちらから
[ 2013/07/16 01:28 ] コラム | TB(0) | CM(0)

第72回皐月賞レース回顧

確たる本命馬というよりは、各馬のレベルがそれなりに高く、粒ぞろいとなった今年の皐月賞。
前日の雨の影響も睨みつつの難解なレースとなった。

まずは、走破タイムから振り返る。

走破タイム2:01.3は、過去10年で9番目に遅いタイム。
稍重という部分を考慮しても、2010年ヴィクトワールピサが2:00.8で、0.5秒も早い。
とても褒められた走破タイムではない事が分かる。

ペース(ラップ)は、35.8-38.4。
前半の35.8は、歴代の皐月賞に良くあるペースではあるが、上がり38.4は、異例のタイム。
上がり3ハロンが36秒に達した事はなく、過去10年の最低が35.9。
馬場の悪さを気にして各馬が極端に外を回る、ある意味、異常な競馬が生み出した上がり3ハロンタイムと言える。

上記2点から、今年の皐月賞は、例年と比較対照し辛い、特殊なレースだったと判断できる。

勝ったゴールドシップは、父ステイゴールド×母父メジロマックイーンという配合の1B馬。
3冠馬オルフェーヴルと同配合的な書かれ方を各紙で目にするが、実質的には、更に評価が下がる内容。
Princely Giftの5×5及びノーザンテーストの強調がマイナス点。
早期の活躍は期待できるが、成長力には疑問が残る。

評価通り、早期から活躍し、5戦3勝2着2回のパーフェクト連対で本番へ駒を進めた。
共同通信杯勝ちからの皐月賞勝利は、恐らくは史上初の快挙。
このローテーションでクリアーできる事自体が同馬が異端である事の証明でもある。

共同通信杯を快勝しているように、洋芝、坂、左回りに問題があるタイプでは無さそう。
問題点があるとすれば、長続きしない好調期を、如何に維持していくか?だろう。
調整としては、牝馬を管理するような感じなのかも知れない。

次は、最大の目標となる日本ダービーだが、史上初、1B評価の皐月賞馬である事、芦毛である事などから、日本ダービー馬となる要素は少なくないと見える。

鞍上の内田騎手は、皐月賞初勝利。
異様なまでに外を回る各馬をよそに、3~4コーナーで内を突く好騎乗。
京都外回りでポケットを突くような騎乗を、コーナーの狭い中山でやってのけたセンスは本物。
さすがはダービージョッキーだ。
続く日本ダービーでも、安定感のある騎乗は、期待できるだろう。

期待した1A馬ワールドエースは、スタート直後に、前の馬に接触し、落馬寸前まで躓いた。
この事が影響しているようにも見えたが、レース全体を見ると、道中は、勝ち馬とほぼ並んで走っており、明暗を分けたのはコース取りだった事は、鞍上の福永騎手のコメントにも現れている。
パドック~本馬場入場~返し馬~ゲート入りと徐々にテンションが上がり、返し馬付近では、力んで走っている姿が確認できた。
名馬の条件でもあるが、能力に比例して気性の荒さが表面化している点が課題だろう。

3着のディープブリランテは、体付きも良く、万全の態勢で出走。
道中も不利無く走りきっており、鞍上も含めて、実力通りの着順と見て良い。
先行して0.5秒差3着なら、展開の利を得れば逆転圏内で、今後も注意が必要。
ただ、極端にスピード能力が開花しない限り、先行馬なのに展開の助けが必要な点には不満が残る。

1番人気のグランデッツァは、外枠が大きく不利に働いた。
各馬が極端に外へ集まる競馬をする中で、そもそも大外にいては苦しい。
まともなレースができているとは言い切れず、次に期待。
懸念していた距離の問題は、スタミナ面では足りないが、気性の素直さでカバーできる。

全てのトライアルレース、そして本番と、たったの一回も良馬場で行われなかった今年の皐月賞ロード。
本来、続く大目標の日本ダービーに向けて最も参考とすべきレースだが、一概に鵜呑みにはし辛いレースだった。


重賞の◎○▲はこちらから(携帯版)(^^)
今週の激走馬☆無料提供


-- PR -------------------------------------
 NEW鉄板馬券の秘策ココにあり!毎週無料配信【PERFECT】

 NEW過去レース全てと競馬関係者情報を完全分析!【勝馬指令】

 NEW2011年前期100円ずつの購入で138万9810円の払い戻し!【ウマセン】
-- PR -------------------------------------


【当ブログ発行メルマガ】
レースを絞らず全12レースを完全網羅!
年間的中率50%以上、最高配当97万馬券的中を達成!
3連単はもちろん、WIN5にも完全対応!
血統、統計、スピード指数に裏付けされた理論予想を是非、ご覧下さい(^^)


★まぐまぐ無料メルマガ【K理論競馬予想】
PC版は ⇒ こちらから
携帯版は ⇒ こちらから

競馬予想ブログG-ZEROをお友達にご紹介下さい(^^)
お友達にこのブログを教える


にほんブログ村 競馬ブログへ競馬サーチエンジン勝利の方程式


[ 2012/04/17 02:01 ] コラム | TB(0) | CM(0)

第72回桜花賞レース回顧

圧倒的と思われた2戦2勝の2歳女王がトライアルでまさかの3着。
これを受けて、1強の図式は、一気に崩壊。
混戦ムードで行われた今年の桜花賞。
まずは、走破タイムから振り返ってみる。

走破タイム1:34.6は、2006年キストゥヘヴンの年と同タイムで、過去10年では最も遅い。
(ちなみに1位は、2010年のアパパネで1:33.3)
確たる逃げ馬不在という事もあったにせよ、決して褒められたタイムではないだろう。

次に、テンと上がりの比較。

2006年 34.8 - 35.8
2012年 34.9 - 35.3

テンはほぼ同タイムだが、上がりで0.5秒も差が付いた。
これは、ラスト2Fで付いた差で、2006年は、上位馬3頭が後方からの競馬だったのに対し、今年は、前目と中段からの競馬で、位置取りによるものだろう。

勝ったジェンティルドンナは、ドナウブルーの全妹という血統。
Northern Dancerを伴うLyphardの4×4が主導となり、父母Bertoliniのスピードとスタミナをしっかり押えた。
ただし、Northern Dancerの影響力が必要以上に強く、この部分がきっかけとなり2Bの水準評価。
距離は、芝2000mまでは守備範囲と出ているので、展開やコースによっては、それ以上も対応可能だろう。

デビュー戦こそ不良馬場に無き2着だったが、続く未勝利戦は2着と0.6秒差の圧勝。
ポテンシャルの高さを見せた。
各紙で取り上げられる牝馬によるシンザン記念制覇だが、今年のメンバーの薄さから、これに関してはそれ程高い評価は必要ない。
その後のチューリップ賞では、0.6秒差4着であったように、鉄砲よりも使われつつ良くなるタイプ。
今後も本番直行のローテーションでは、一枚割り引くべきだろう。
スピード能力に関しては、水準以上に達しており、それに乗りやすさがプラスされ、今回のG1制覇へと繋がった。
枠順や展開の利を得た事は間違いないが、世代上位の能力は揺るがない。

鞍上の岩田騎手は、桜花賞初制覇。
今年は、フェブラリーSに続くG1レース2勝目で、重賞3勝目。
今週末の皐月賞は、過去にアンライバルド、ヴィクトワールピサで2勝しており、今年も有力馬ディープブリランテに騎乗予定。

管理の石坂正調教師は、クラシック初制覇。
今年は、1月に京都牝馬Sを全妹のドナウブルーで制しており、兄弟管理馬で重賞3勝目。
昨年はリーディング4位と初のベスト5入りを果たし、注目の上昇株。
その他では、同じく桜花賞に出走したエピセアローム、皐月賞に出走予定のアダムスピーク等を管理している。

期待したヴィルシーナは、僅かに及ばず0.1秒差2着。
馬体重434kgは、デビュー以来、最も少ない数字で、ギリギリの仕上げだった。
これまでのレースは勿論、今回の内容も、明らかにオークス向きの走りで、馬体の回復に努めたい。

1番人気に支持されたジョワドヴィーヴルは、直線伸びを欠き0.6秒差6着。
中間細く映った馬体は、416kgと更にマイナスしており、調整が上手くいっていなかったように見える。
一昨年のローズキングダムにも言えた事だが、この時期のクラシックを勝ち抜くためには、競走能力の高さだけでは難しい。
好調期を維持できる体も重要な要素の一つであり、この馬にはそれが欠けている。
今後の最大の課題だろう。

1着から6着を見ると、5着に入ったメイショウスザンナ(11番人気)以外は、1~5番人気の上位馬で、それなりに能力通りの結果と見て良さそう。
ただし、2着ヴィルシーナ以外の各馬は、明らかにオークスよりも桜花賞向きで、次に繋がるレースのようには思えない。

満開を逸した桜花賞。
まだ、遅咲きの桜が身を潜めている。



重賞の◎○▲はこちらから(携帯版)(^^)
今週の激走馬☆無料提供



【当ブログ発行メルマガ】
レースを絞らず全12レースを完全網羅!
年間的中率50%以上、最高配当97万馬券的中を達成!
3連単はもちろん、WIN5にも完全対応!
血統、統計、スピード指数に裏付けされた理論予想を是非、ご覧下さい(^^)


★まぐまぐ無料メルマガ【K理論競馬予想】
PC版は ⇒ こちらから
携帯版は ⇒ こちらから

競馬予想ブログG-ZEROをお友達にご紹介下さい(^^)
お友達にこのブログを教える


にほんブログ村 競馬ブログへ競馬サーチエンジン勝利の方程式


[ 2012/04/09 14:51 ] コラム | TB(1) | CM(0)

レースを飲み込む力~4冠馬オルフェーヴルの敗戦を受けて

3冠を達成し、そのまま有馬記念を制したナリタブライアンが、翌年の阪神大賞典で7馬身差の圧勝。
3冠を達成し、有馬記念2着だったディープインパクトが、3馬身半の圧勝。

同様に、「圧勝」が期待された4冠馬オルフェーヴルだったが、まさかの2着。

その後、何度かレースの映像を見てみました。
もちろん、パトロールビデオも含めて。

「どうだったのか?」
「何だったのか?」

と聞かれれば、今回の内容は、90%は池添騎手の責任と見える。

オルフェーヴルは、昨年の秋、休養明けの神戸新聞杯でも、今回のように掛かる素振りを見せ、それを御しながらの騎乗で、同レースを快勝した経緯がある。

この時、「だいぶ行きたがっていた。」と池添本人もコメントしており、この件が課題だとも言っていた。

つまり、昨日や今日始まった事ではなく、オルフェーヴルはそういう馬だという事を理解していたという事だ。

ここで大切で、残念な事は、にも関わらず神戸新聞杯を勝ち、その後、菊花賞で3冠を、有馬記念で4冠を達成した馬だという事を理解していない事だ。

最初の2000mまでは、本当の我慢比べのような騎乗だったが、その後の1000mは、馬の気に任せて馬也で行かせるべきだったのではないだろうか?
それで負けるような馬なら4冠馬になれるだろうか?

私は、「圧勝」とも取れる「楽勝」できただろうと確信している。

レースに勝つ為には、先頭を走っている馬がゴールを切る前に捕まえ、自分自身が先頭でゴールを切る必要がある。

当たり前の話だが、これは、一般的な馬の話。

最高の栄誉である日本ダービーを含む3冠レースを制し、日本の競馬界を支えるファン投票により選出された有馬記念を制し、年度代表馬になった馬がする事ではない。

ましてや、この先、世界最高峰である凱旋門賞を展望しようというのなら尚更だ。

レース展開に合わせるのではなく、自分自身のレースで、レースそのものを飲み込む力のない馬に、最高の栄冠が輝くわけが無い。

この日の阪神大賞典の単勝売り上げ2億3308万1200円中、1億7684万9100円がオルフェーヴル。
支持率75.9%は、阪神大賞典では1995年のナリタブライアン(1着)の75.2%を上回る新記録。
馬単は4億4211万3600円中、オルフェーヴルが1着の場合の売り上げが3億2794万7100円。

池添騎手の罪は重い。



重賞の◎○▲はこちらから(携帯版)(^^)
今週の激走馬☆無料提供



【当ブログ発行メルマガ】
レースを絞らず全12レースを完全網羅!
年間的中率50%以上、最高配当97万馬券的中を達成!
3連単はもちろん、WIN5にも完全対応!
血統、統計、スピード指数に裏付けされた理論予想を是非、ご覧下さい(^^)


★まぐまぐ無料メルマガ【K理論競馬予想】
PC版は ⇒ こちらから
携帯版は ⇒ こちらから

競馬予想ブログG-ZEROをお友達にご紹介下さい(^^)
お友達にこのブログを教える


にほんブログ村 競馬ブログへ競馬サーチエンジン勝利の方程式


[ 2012/03/20 01:39 ] コラム | TB(0) | CM(0)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。