fx 比較







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

秋の東京開催初日を検証!

今週から秋の東京開催が始まります。
日曜日の毎日王冠も気になるところではありますが、まずは開催初日となる土曜日を攻略する為に、昨年の開幕初日のデータを見てみたいと思います。


【2009年10月10日(土)東京】
馬連-3連複(1着人気-2着人気-3着人気)
1R 820-1020(2-1-3)
2R 2010-3460(2-4-3)
3R 520-1190(2-1-4)
4R 730-2770(2-1-6)
5R 2280-5000(2-3-4)
6R 1520-1740(4-2-1)
7R 2780-9570(5-2-4)
8R 5450-16980(2-7-5)
9R 9020-14080(1-12-2)
10R 3410-3770(1-7-3)
11R 930-2800(1-3-6)
12R 820-1260(2-1-3)

馬連最低配当520円
馬連最高配当9020円
馬連平均2524円
馬連万馬券0回

1番人気(3-4-1-4)
勝率25%
連対率58.33%
複勝率66.66%

1番人気の馬券率は高く、連軸、3連軸としての役目は十分に果たしていると言えます。
7番人気以内で決まらなかったのは9Rの1鞍のみで、JRAの全競馬場中、最も実力が浮き彫りになる東京らしい内容でした。

秋の東京開催は、春に比べて比較的堅めの決着が多いのが特徴です。
原因は色々と考えられますが、一番の原因は日本ダービーだと思われます。
競馬に関係する全てが、このレースを中心に回っていますので、これがある無しでは大違いですね。

また、春には未完成だった馬達は、夏競馬を戦い、ここへ駒を進めます。
データ不足で、ある程度の憶測で予想していた春に比べ、出走データが増えたここは予想もしやすくなります。

K理論のデータを振り返ってみても、春は回収率、秋は的中率に偏っています。
いずれにしても2連版が50%の的中率を下回る事はありませんが、3連版には顕著にその結果が現れています。

もちろんレースによりますが、基本的には、手広く買うよりは、軸や相手を絞っての馬券購入が勝利の鍵になりますね。

有料ブロマガ化してから、的中率がイマイチな超高確率版ですが、ここで巻き返せる公算大ですので、月単位でご購入された方用に、東京版でも2連の買い目を公開していきたいと思います。
また、うまくレースが繋がる様なら「転がし馬券」での回収率アップも公開していく予定です。
ご参考までにどうぞ。

明日は、東西重賞のデータと注目馬のデータを一挙公開予定です。
お楽しみに(^^)

ではでは。



予想は、無料メルマガで↓

【当ブログ発行メルマガ】
レースを選ばず全12レースを完全網羅!
★まぐまぐ無料メルマガ【K理論競馬予想】
PC版はこちらから
携帯版はこちらから

毎日王冠の◎○▲はこちらから(携帯版)(^^)

今週の激走馬☆無料提供
関連記事
[ 2010/10/07 02:10 ] データ室 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gzero0079.blog38.fc2.com/tb.php/203-fe185216






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。