fx 比較







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

IK血統理論で振り返る菊花賞過去10年

2010年10月24日5回京都6日目 
第71回菊花賞(G1)京都芝3000m 3歳

今週末は、牡馬三冠レースの最終戦である菊花賞が行われます。
京都芝3000mという長丁場で行われるレースで、スタミナはもちろん、ペースに対応する素直な気性、ラスト3ハロンの切れの3点が求められます。
特に3000mを乗り切るスタミナは、血統に顕著に現れやすく、多くのG1レースの中でもIK血統研究所の評価が直結しやすいレースでもあります。

まずは、下記をご覧下さい。



2009年
1着 スリーロールス(3B)
2着 フォゲッタブル(3B)
3着 セイウンワンダー(2B)

2008年
1着 オウケンブルースリ(3B)
2着 フローテーション(3B)
3着 ナムラクレセント(3B)

2007年
1着 アサクサキングス(2B)
2着 アルナスライン(3B)
3着 ロックドゥカンブ(2B)

2006年
1着 ソングオブウインド(2B)
2着 ドリームパスポート(3B)
3着 アドマイヤメイン(3B)

2005年
1着 ディープインパクト(1A)
2着 アドマイヤジャパン(2B)
3着 ローゼンクロイツ(2B)

2004年
1着 デルタブルース(3B)
2着 ホオキパウェーブ(3B)
3着 オペラシチー(2B)

2003年
1着 ザッツザプレンティ(3B)
2着 リンカーン(2B)
3着 ネオユニヴァース(1A)

2002年
1着 ヒシミラクル(2B)
2着 ファストタテヤマ(2B)
3着 メガスターダム(1B)

2001年
1着 マンハッタンカフェ(2B)
2着 マイネルデスポット(2B)
3着 エアエミネム(3B)

2000年
1着 エアシャカール(3B)
2着 トーホウシデン(3B)
3着 エリモブライアン(3B)



3Bだらけですね(^^)
10回中7回は3B以上の馬が連に絡んできています。

そもそも数の少ない1A以上の場合、春に好走していた馬であれば問題なく馬券に絡んできています。
これ以前では、フサイチコンコルド等が該当します。

2B同士の決着は3回。
いずれの年も3B以上の馬が少なく、その年の生産界のレベルが低かった事が解ります。

3B以上の馬の場合、そもそもスタミナの要素が強い血統背景を持ちながら、スピード能力の開花に手間取る馬が多く、春に未完成だった馬が、このレースまでにスピード能力を開花させ、好走するケースがあります。
これが、近年の菊花賞で穴を開ける夏の上り馬の正体です。

今年は、神戸新聞杯を勝ったローズキングダムが1A。
同レースを僅差2着した日本ダービー馬エイシンフラッシュが2B。
セントライト記念を勝ったクォークスター、日本ダービー4着ゲシュタルト、皐月賞2着のヒルノダムール等が3Bという内容で、既に好走歴のある高評価馬がレースに駒を進めてきました。

以上の事から、この5頭がまとめて消えるシーンは考え難いですね。
後は、S指数から、各馬のスピード能力が開花に至っているのか?
その能力を安定して発揮できるのか?
を探っていきたいと思います。

では、また後日(^^)/~~~


●その他の記事
第71回菊花賞過去10年の傾向データ
第13回富士S過去10年の傾向データ
第71回菊花賞有力馬S指数


予想は、週末の無料メルマガで↓



【当ブログ発行メルマガ】
秋華賞も完全的中!
レースを選ばず全12レースを完全網羅!
★まぐまぐ無料メルマガ【K理論競馬予想】
PC版はこちらから
携帯版はこちらから

菊花賞の◎○▲はこちらから(携帯版)(^^)
今週の激走馬☆無料提供



【PR・広告】
投資競馬を売りにしたサイトZERO-UMAのご紹介です!

このサイトを利用すれば、確立や数字的な部分の研究時間が大幅に短縮する事が可能です。
サイトの基本コンセプトは以下の通り。

・素人でも勝てる投資競馬の決定版!!
・投資競馬は競馬の知識は必要なく、機関投資家も注目する最新錬金術です。
・無料会員登録!フリーメール登録可!
・競馬情報の決定版!最新錬金術をあなとの元へ

私の提唱している「全くの素人でも馬券が的中できる!」というコンセプトが中心で、とっても共感できる内容です。

サイトのトップページには、高配当の的中実績がたくさん掲載されています。
逆に堅い決着はサイトには掲載されていませんが、多くの的中実績があることは

登録は無料なので、ひとつの『予想ツール』として登録しておいて損はないでしょう!




【PR・広告】
関連記事
[ 2010/10/18 23:28 ] データ室 | TB(2) | CM(2)

Re: IK血統理論で振り返る菊花賞過去10年

ご指摘ありがとうございますm(__)m
早速、訂正いたしました。
ちなみに補足ですがIKの血統評価は、後の各馬の活躍によって変更になる事もございます。
今回の場合は、私の記憶違いです。
失礼致しました。
[ 2010/10/20 16:06 ] [ 編集 ]

IK理論の公式ホームページではソングオブウインドが2Bとなっていて、アルナスラインが3Bとなっているのですが、これらは後から変わったのでしょうか?
[ 2010/10/20 15:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gzero0079.blog38.fc2.com/tb.php/218-cdd90358


菊花賞 -その1- プレレーティング

今週の重賞・メインレースの予想重賞レース予想(GI・JpnI編)118 エイシンフラッシュ117 ローズキングダム113 ゲシュタルト113 ヒルノダムールプレレーティングからはこの4頭ただ未知の距離...
[2010/10/19 08:16] URL 一日一善 G1・重賞・ダート未勝利戦競馬予想

菊花賞 -その2- 展望

今週の重賞・メインレースの予想重賞レース予想(GI・JpnI編)注目は札幌の長距離OPを連勝してきたトウカイメロディこの距離はどの馬も初めて走るので能力指数はあまり当てにしない....
[2010/10/19 08:16] URL 一日一善 G1・重賞・ダート未勝利戦競馬予想




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。