fx 比較







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

K理論の基本概念

K理論は、血統、S指数、統計データの3つを基本に予想を組み立てています。



【血統】
まず、血統でそのサラブレッドが生まれ持った性能域を把握します。
内容としては、IK血統研究所の血統評価を推奨していますので、こちらから深読みしたり、独自の理屈を無理に当てはめたりはしません。
純粋にその評価を取り入れてます。



【S指数】
S指数の元祖である西田式を改良した独自のS指数を使用しています。
S指数では、そのサラブレッドの現状を把握します。

例えば、優れたスタミナを持った配合の馬がいたとします。
この馬が重賞で勝負になるには、内存するスピード能力の開花が課題だとします。
それが、いつなのか?
それを知る事が出来るのがS指数です。

着順に関係なく、レース毎に徐々に高い数値を出し始めると、素質開花し出したと見ます。
また、その高い数値を出しているコースがどこかによって、洋芝、野芝適性や坂への適性、距離適性、右回り、左回り等も確認します。



【統計データ】
上記の血統とS指数から、そのレースに出走する各馬がどんな性能域を持っていて、現在どんな成長状態なのか?を把握した上で、今度は、レースそのものの統計データを見ます。

この統計データは、主に激走!データ競馬ブログでお馴染みの、前川先生のデータを参考にしています。

こちらのサイトは、週末の重賞レースを対象に人気、所属、馬齢、性別、枠順、脚質、前走、前走人気、前走着順、レース間隔など、あらゆる角度からレースを細分化してデータを公開している他、騎手成績、厩舎成績、騎手と厩舎の組合せによる馬券率や、乗り替わりによる馬券率など、予想に役立つ様々なデータを提供してくれています。
ハッキリ言って、「データならここ!」と言い切れる、素晴らしいサイトです。
まだ、ご覧になっていない方は、是非ご覧下さい。



【バランス】
これら基本3情報が揃った所で、全体のバランスを見ます。

例えば、血統的に高評価を得ている馬が、S指数でもずば抜けた数値を出し、尚且つ、そのレースの傾向を見た時に減点材料が無ければ、文句無しの◎本命と出来ますが、毎回、必ずしもそうなるとは限りません。

その時には、その対象となっているレースでズバ抜けたデータを有するファクターを最重要視し、優先順位を付けていきます。

例えば、京都ダート1800mなら内枠の先行力を重視するわけですから、ここにS指数の高い馬が入っている場合は、傾向よりもそこを重視するようになるわけです。



基本的に各馬に印を付けるための考え方は、常にロジカルです。
論理的思考の上に成り立っています。
そのベースとなる道順が、血統、S指数、統計データであり、それら基本3情報のバランスを取るための考え方もやはり論理的思考という事になります。

それでは、競馬=ロジックなのか?
そう問われればそうではありません。
時として、あらゆる常識を覆す、計算では計れないドラマチックなシーンを見せてくれる事があります。
その都度、私は、見返すのです。
そのシーンが、本当に運命的に、偶発的に起こった事なのかを。

その謎に挑み続けつつ、皆さんの馬券的中を支える理論がK理論なのだと絶大の自信を持って言える日が来るまで、私の研究は永遠に続くものと観念しています。



予想は、無料メルマガで↓

【当ブログ発行メルマガ】
レースを選ばず全12レースを完全網羅!
年間的中率50%、最高配当97万馬券的中の理論予想


★まぐまぐ無料メルマガ【K理論競馬予想】
PC版は ⇒ こちらから
携帯版は ⇒ こちらから



重賞の◎○▲はこちらから(携帯版)(^^)
今週の激走馬☆無料提供
関連記事
[ 2010/11/10 00:33 ] K理論とは? | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gzero0079.blog38.fc2.com/tb.php/249-569f4ac3






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。