fx 比較







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

桜花賞直前!有力馬の血統チェック

競馬予想


モバイル競馬予想


ダービー騎手・大西の桜花賞予想はこちら


追い切り混戦模様の桜花賞を血統から見ていきましょう。

netkeiba.comの予想オッズ順に書いてみたいと思います。


アパパネ
血統評価 2B
距離適性 芝1200m~1800m

配合は、Mr.Prospector全開の早熟系マイラーで、結果も評価通り出ている。
スタミナを要する厳しい流れになると辛いが、スピード能力は、この春までなら持ちそう。


アプリコットフィズ
血統評価 2B
距離適性 芝1800m~2000m

マンハッタンカフェの全妹である母系の再現性は薄く、父系主体の配合。
父のスピードとスタミナを活かし、早期から活躍できる中距離馬で、本来は差し馬。


オウケンサクラ
血統評価 3B
距離適性 芝1800m~2200
Robertoが強調された配合。
祖母ミルフォードスルーの不備を補い、開花は早く、好調期に反応の良さを見せるタイプ。
ダートもOKな底力が備わっている。


アニメイトバイオ
血統評価 2B
距離適性 芝1800m

Turn-to、Almahmoud、Nearcticが系列ぐるみとなり、スピードを供給。
マイナスは血の統一性を欠くことで、上級クラスでの瞬発力勝負は割引き。
そのかわり、芝重は巧者の可能性ありパワー型。


ラナンキュラス
血統評価 1A
距離適性 芝1800m~芝2400m

世代はもちろん、現役でもトップクラスの高評価馬。
特にスタミナ面は申し分無く、母のそれを上回る。
課題は、内在するスピード能力の引き出し。
晩成傾向の血統。


上位5頭は以上のような評価です。

上位3頭は、春のクラシック向きな血統ですね。

自在性の高さでは上位2頭が一歩リードかな?(^^)

最高評価馬のラナンキュラスは、母ファレノプシスよりもスタミナに優れていますね。

その分、開花が遅めでここには間に合わないかも知れません。

しかし、何と言っても1A馬。
簡単には切り捨てられません。


個人的には、チューリップ賞勝ちの以下の馬にも注意しています。


ショウリュウムーン
血統評価 2B
距離適性 芝1800m~2200m

こちらもスピードタイプではなく、時計を要する芝向きなのですが、祖母ダンシングキイを強調できている点に注目しました。
数々のクラシックホースを出した血が駆ける!?(^^)

では、予想は週末のメルマガで。

ダービージョッキー
大西元騎手の桜花賞予想はこちら



レースを選ばず全12レースを完全網羅!
まぐまぐ無料メルマガ【K理論推奨馬】
PC版はこちらから
携帯版はこちらから

【ツイッターリアルタイム予想】
参加はこちらから

ランキングにご協力お願いします。
m(__)m
競馬予想


モバイル競馬予想

関連記事
[ 2010/04/07 20:38 ] データ室 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gzero0079.blog38.fc2.com/tb.php/50-21a5bdd5






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。