fx 比較







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

阪神牝馬S有力馬血統チェック

競馬予想


モバイル競馬予想


阪神牝馬Sは、阪神芝1400mで行われる重賞で、後のヴィクトリアマイルの前哨戦です。

2006年に4月へ開催時期変更され、距離が1400mとなりました。

対象データが少ないので、今回は傾向ではなく、有力馬の血統を見てみたいと思います。


ヒカルアマランサス
血統評価 2B
距離適性 芝1200m~1800m
父主体でHaloを強調した配合。
同父産駒としてはスピード優位の形態。
奥のある内容ではないが、芝・ダート兼用資質あり。


ワンカラット
血統評価 2B
距離適性 芝1800m~2200m
母は欧州のスタミナ系を主体に構成され、父との傾向は悪くない。
スピードはFair Trial、Gold Bridgeなどがアシスト。
父内米系の不備から、ツメの甘さは否めない。


ブロードストリート
血統評価 3B
距離適性 芝1600m~2000m
Almahmoud、Turn-toのクロスによりHaloを強調。
これにNasrullah、Fair Trial、My Babuなどのスピードが加わる。
日本の馬場に適した牝馬らしい素軽さ&瞬発力を備えた好バランスの配合馬。


ラドラーダ
血統評価 2B
距離適性 芝1600m~2000m
Turn-toとNashuaのリードにより、Robertoのスピード・スタミナが確保した配合。
ディープインパクトの半妹である母系を活かせず、時計を要す芝やダート向き。先行策が合うタイプ。


今のところ、この4頭が人気を分ける形になっています。

みんな同じ年ですね(^^)

一年先輩の桜花賞馬レジネッタ、オークス馬のトールポピーも3Bと高評価なのですが、復調に時間が掛かっています。

特にトールポピーは、どちらかと言えばクラシック血統なので、古馬になってはどうかなぁ~…

2頭とも当日の気配次第だと思っています。

それだったら、個人的には下記の馬に注意しています。


デリキットピース
血統評価 3B
距離適性 芝1800m~2200m

Almahmoud主導でHaloを強調。
父のスタミナの再現はイマイチだが、祖母内のスタミナを補給し、異系バランスを保つ。
牝馬としては重厚な内容で、勝ち味に遅いが、開花後のタフな走りは可。馬主孝行タイプの配合馬。


今回は、馬体の回復が鍵になりそうですが、展開次第で混戦となる阪神芝1400m。

良い感じの穴馬だと思っています。
(^^)


では、予想は週末のメルマガで。


レースを選ばず全12レースを完全網羅!
まぐまぐ無料メルマガ【K理論推奨馬】
PC版はこちらから
携帯版はこちらから

【ツイッターリアルタイム予想】
参加はこちらから

ランキングにご協力お願いします。
m(__)m
競馬予想


モバイル競馬予想
関連記事
[ 2010/04/09 09:21 ] データ室 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gzero0079.blog38.fc2.com/tb.php/51-864d64c3






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。