fx 比較







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

混戦を制するのはこの馬だ!~第70回皐月賞・K理論予想

血統的に見ても、近年稀に見るハイレベルな一戦となった今年の皐月賞。
各馬の仕上がりも順調で混戦模様。
今回は、順に整理していきたいと思います。


過去10年の傾向を見ると、超人気薄の激走もあり、人気というファクターは当てにし辛いのが解りますね。

10人以下(2-3-1-84)
100倍以上(1-2-0-43)


そんな中でも割とハッキリしているのがローテーション。
トライアル中心で、それ以外の重賞からは勝ち馬が条件になっています。
※( )内は、IK血統評価


◎弥生賞組 (4-3-6-32)
 人気に関係無く3着以内に注目。
 穴馬の好走は少ない。

 1番人気1着 13ヴィクトワールピサ(1A)
 2番人気2着 12エイシンアポロン(3B)
 3番人気7着 15ダイワファルコン(3B)


◎スプリングS組 (4-4-1-49)
 4番人気以内、3着以内が中心。

 2番人気1着 18アリゼオ(2B)
 1番人気3着 5ローズキングダム(1A)


◎若葉S (2-2-1-20)
 着順に関係無く、4番人気以内が中心。
 穴馬の好走がある。

 1番人気2着 16ヒルノダムール(3B)


※トライアル以外重賞勝ち
 2ハンソデバンド(2B)・・・共同通信杯
 4ネオヴァンドーム(3B)・・・きさらぎ賞
 11エイシンフラッシュ(2B)・・・京成杯
 17ガルボ(1B)・・・シンザン記念

 前走G3(0-1-2-36)で軽視の傾向も、中山芝2000mの実績面から京成杯勝ちの11エイシンフラッシュは注意。


以上の内容から残ったのは、下記の7頭。

13ヴィクトワールピサ(1A)
12エイシンアポロン(3B)
15ダイワファルコン(3B)
18アリゼオ(2B)
5ローズキングダム(1A)
16ヒルノダムール(3B)
11エイシンフラッシュ(2B)


次に各馬の脚質をチェックしてみます。

逃げ (2-0-1-7)
18アリゼオ(2B)

先行 (3-4-1-31)
12エイシンアポロン(3B)
11エイシンフラッシュ(2B)
13ヴィクトワールピサ(1A)

差し (5-4-5-65)
16ヒルノダムール(3B)
5ローズキングダム(1A)
15ダイワファルコン(3B)

最低でも4角を7番手以内で回らないと厳しいレース。
自在性という面では、15ダイワファルコンが厳しく、この時点で重い印からは脱落か。


続いて2000m実績をチェック。

13ヴィクトワールピサ (4-0-0-0)
11エイシンフラッシュ (3-0-0-0)
18アリゼオ (2-0-0-0)
16ヒルノダムール (1-2-0-1)
12エイシンアポロン (0-1-0-0)
5ローズキングダム 未経験

デビュー戦以外、徹底して2000mを使ってきた13ヴィクトワールピサが勝率100%で文句無し。
唯一負けたデビュー戦も2着で連対率も100%。


更に中山実績をチェック。

18アリゼオ (2-0-0-0)
13ヴィクトワールピサ (1-0-0-0)
11エイシンフラッシュ (1-0-0-0)
5ローズキングダム (1-0-1-0)
12エイシンアポロン (0-2-0-0)
16ヒルノダムール 未経験

上位3頭は、2000m勝ちも含まれ特に注意が必要。


最後にS指数をチェックして結論へいきましょう。

13ヴィクトワールピサ(110)
18アリゼオ(110)
16ヒルノダムール(110)
12エイシンアポロン(109)
5ローズキングダム(109)
11エイシンフラッシュ(96)

上位5頭は横一線ですね。
11エイシンフラッシュは展開の助けが必要なのが浮き彫りになってきました。


【結論】
人気でも◎13ヴィクトワールピサから入る。
デビューからクラシック(特に日本ダービー)を意識して育成されており、前走の弥生賞で課題だった器用さ、上がり一番時計をクリアーし、完成の域に入りだしたように見える。
不安視されている乗り替わりも、武豊 → 岩田での重賞成績は(5-2-5-4)と非常に優秀。
高評価1A馬が2005年ディープインパクト以来の1番人気1着となる可能性は高い。

対抗は、先行力とコース実績から○18アリゼオ。
唯一負けた共同通信杯もタイム差無しの3着(上がり33.9)なら問題無し。
今年、既に中山重賞を4勝している鞍上も魅力。

横槍一閃は▲12エイシンアポロン。
堅実なのは着順だけではなく、S指数でも平均値No.01。
血統的には、芝2400mまでが守備範囲で問題無く、仕上がった時の底力はここでも通用する。
破格の調教時計がレースに直結すれば単もある。

以下、穴馬ローテーション若葉Sから△16ヒルノダムール、
既にG1勝ちの高評価1A馬△5ローズキングダム、
中山芝2000m実績から※11エイシンフラッシュを押さえる。

◎13ヴィクトワールピサ
○18アリゼオ
▲12エイシンアポロン
△16ヒルノダムール
△5ローズキングダム
※11エイシンフラッシュ


その他の予想はメルマガで↓
レースを選ばず全12レースを完全網羅!
まぐまぐ無料メルマガ【K理論推奨馬】
PC版はこちらから
携帯版はこちらから

元皐月賞ジョッキー大西直宏の
皐月賞予想はこちら(携帯版)
サニーブライアンで逃げ切った皐月賞ジョッキーのお手並み拝見ですね(^^)

ランキングにご協力お願いします。
m(__)m
にほんブログ村 競馬ブログへ競馬サーチエンジン勝利の方程式

携帯版

関連記事
[ 2010/04/18 02:14 ] 日記 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gzero0079.blog38.fc2.com/tb.php/65-5ea2a729






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。