fx 比較







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

第72回皐月賞レース回顧

確たる本命馬というよりは、各馬のレベルがそれなりに高く、粒ぞろいとなった今年の皐月賞。
前日の雨の影響も睨みつつの難解なレースとなった。

まずは、走破タイムから振り返る。

走破タイム2:01.3は、過去10年で9番目に遅いタイム。
稍重という部分を考慮しても、2010年ヴィクトワールピサが2:00.8で、0.5秒も早い。
とても褒められた走破タイムではない事が分かる。

ペース(ラップ)は、35.8-38.4。
前半の35.8は、歴代の皐月賞に良くあるペースではあるが、上がり38.4は、異例のタイム。
上がり3ハロンが36秒に達した事はなく、過去10年の最低が35.9。
馬場の悪さを気にして各馬が極端に外を回る、ある意味、異常な競馬が生み出した上がり3ハロンタイムと言える。

上記2点から、今年の皐月賞は、例年と比較対照し辛い、特殊なレースだったと判断できる。

勝ったゴールドシップは、父ステイゴールド×母父メジロマックイーンという配合の1B馬。
3冠馬オルフェーヴルと同配合的な書かれ方を各紙で目にするが、実質的には、更に評価が下がる内容。
Princely Giftの5×5及びノーザンテーストの強調がマイナス点。
早期の活躍は期待できるが、成長力には疑問が残る。

評価通り、早期から活躍し、5戦3勝2着2回のパーフェクト連対で本番へ駒を進めた。
共同通信杯勝ちからの皐月賞勝利は、恐らくは史上初の快挙。
このローテーションでクリアーできる事自体が同馬が異端である事の証明でもある。

共同通信杯を快勝しているように、洋芝、坂、左回りに問題があるタイプでは無さそう。
問題点があるとすれば、長続きしない好調期を、如何に維持していくか?だろう。
調整としては、牝馬を管理するような感じなのかも知れない。

次は、最大の目標となる日本ダービーだが、史上初、1B評価の皐月賞馬である事、芦毛である事などから、日本ダービー馬となる要素は少なくないと見える。

鞍上の内田騎手は、皐月賞初勝利。
異様なまでに外を回る各馬をよそに、3~4コーナーで内を突く好騎乗。
京都外回りでポケットを突くような騎乗を、コーナーの狭い中山でやってのけたセンスは本物。
さすがはダービージョッキーだ。
続く日本ダービーでも、安定感のある騎乗は、期待できるだろう。

期待した1A馬ワールドエースは、スタート直後に、前の馬に接触し、落馬寸前まで躓いた。
この事が影響しているようにも見えたが、レース全体を見ると、道中は、勝ち馬とほぼ並んで走っており、明暗を分けたのはコース取りだった事は、鞍上の福永騎手のコメントにも現れている。
パドック~本馬場入場~返し馬~ゲート入りと徐々にテンションが上がり、返し馬付近では、力んで走っている姿が確認できた。
名馬の条件でもあるが、能力に比例して気性の荒さが表面化している点が課題だろう。

3着のディープブリランテは、体付きも良く、万全の態勢で出走。
道中も不利無く走りきっており、鞍上も含めて、実力通りの着順と見て良い。
先行して0.5秒差3着なら、展開の利を得れば逆転圏内で、今後も注意が必要。
ただ、極端にスピード能力が開花しない限り、先行馬なのに展開の助けが必要な点には不満が残る。

1番人気のグランデッツァは、外枠が大きく不利に働いた。
各馬が極端に外へ集まる競馬をする中で、そもそも大外にいては苦しい。
まともなレースができているとは言い切れず、次に期待。
懸念していた距離の問題は、スタミナ面では足りないが、気性の素直さでカバーできる。

全てのトライアルレース、そして本番と、たったの一回も良馬場で行われなかった今年の皐月賞ロード。
本来、続く大目標の日本ダービーに向けて最も参考とすべきレースだが、一概に鵜呑みにはし辛いレースだった。


重賞の◎○▲はこちらから(携帯版)(^^)
今週の激走馬☆無料提供


-- PR -------------------------------------
 NEW鉄板馬券の秘策ココにあり!毎週無料配信【PERFECT】

 NEW過去レース全てと競馬関係者情報を完全分析!【勝馬指令】

 NEW2011年前期100円ずつの購入で138万9810円の払い戻し!【ウマセン】
-- PR -------------------------------------


【当ブログ発行メルマガ】
レースを絞らず全12レースを完全網羅!
年間的中率50%以上、最高配当97万馬券的中を達成!
3連単はもちろん、WIN5にも完全対応!
血統、統計、スピード指数に裏付けされた理論予想を是非、ご覧下さい(^^)


★まぐまぐ無料メルマガ【K理論競馬予想】
PC版は ⇒ こちらから
携帯版は ⇒ こちらから

競馬予想ブログG-ZEROをお友達にご紹介下さい(^^)
お友達にこのブログを教える


にほんブログ村 競馬ブログへ競馬サーチエンジン勝利の方程式


関連記事
[ 2012/04/17 02:01 ] コラム | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gzero0079.blog38.fc2.com/tb.php/787-48b6181a






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。