fx 比較







スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

人気サイドの決着必至!?~阪神大賞典

阪神芝3000mで行われる、後の天皇賞(春)と最も係わりの深いレースです。

毎年、出走メンバーも、本番さながらの好メンバーとなっています。

では、過去10年の傾向まとめを見てみましょう。


◎単勝3.9倍以内
(7-6-2-3)
×10番人気以下
(0-0-0-19)
×単勝50倍以上
(0-0-0-38)
×6歳以上で当日7番人気以下
(0-0-0-26)
△追込
(0-0-1-28)
×前走から3kg以上斤量増で当日3番人気以下
(0-0-0-21)
◎前走G1だった馬で当日2番人気以内
(2-3-1-1)
○前走G2で5着以内
(7-1-1-8)
○前走G2で3番人気以内
(6-2-2-7)
○前走G2だった馬で当日2番人気以内
(5-1-1-3)
△前走条件戦
(0-0-1-16)


とにかく人気馬の成績が良いですね

単勝3.9倍以内は、複勝率83.3%
馬券にならないとは考え辛いです。

これは、そもそも3000mで勝負になる馬が少ないのにも関わらず、出走馬の多くは、昨年の有馬記念、ジャパンカップ、菊花賞といった2400m以上のG1で好走している馬が多く参戦してくる事で起こる現象。

人気に逆らうよりは、軸と相手をきちんと絞るレースですね

だって、10年に1回か2回しか荒れないんだから。


その他の注意点は、
△追込 (0-0-1-28)。

長距離のレースでは、追込が決まり辛いです。

当たり前の事ですが、距離が長いので、どの馬も出来るだけ体力を温存したいので、全体のペースが緩やかになりがち。

追込のような極端な脚質よりは、先頭を常に射程圏に入れながら進める馬の方が有利になってきます。

ただし、ディープインパクトのようなクラスは、別格ですよ

あくまでも普通のG1馬クラスの話しです。


では、この辺りで、そろそろ今年の話をしましょうか…

え~っと、有馬記念馬は…いないっと。
連対馬も…いないっと。

んじゃ、ジャパンカップ好走馬は…いないっと。

んじゃ、菊花賞馬は…いないっと。

……。
………。

いやいや、落ち着け
じゃあ、ステイヤーズSだ
これなら…いない


確たる長距離実績上位馬不在


波乱の予感…


予想は週末のメルマガで。

まぐまぐ!無料メルマガ【K理論推奨馬】
PC版はこちらから
携帯版はこちらから

【ツイッターリアルタイム予想】
参加はこちらから

一日1クリック↓お願いしますm(__)m
関連記事
[ 2010/03/16 09:02 ] データ室 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gzero0079.blog38.fc2.com/tb.php/9-dc342fd7






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。